応用動物行動学会・日本家畜管理学会合同発表会について

2016年度春季研究発表会について

(確定版)

開催日時

研究発表会:2016年3月30日(水)9:15~12:00、13:15~16:10
総会 :2016年3月30日(水12:00~13:00)
懇親会:2016年3月29日(火)(18:00頃)に行う予定です。会場、時間、会費等は後日連絡致します。

LinkIconプログラムが完成しました.

開催場所

日本獣医生命科学大学・第一校舎(東京都武蔵野市境南町1丁目7-1)
口頭発表・総会会場 B棟5階511講義、ポスター発表会場 B棟3階313、314講義室
LinkIcon案内図

【重要】発表に際しての注意:

口頭発表の持ち時間は,発表12分,質疑5分に変更しました。
口頭発表用スライドおよびポスター発表用スライドは,あらかじめ大会事務局に送付してください。
いずれも3月16日の締め切りです。
ポスター会場は2会場に変更となりました。ポスターNo1-15はB棟313講義室、No16-30は314講義室です。

■発表用PC仕様(再度、確認事項)
OS: windows7
PDFリーダー:Acrocat Reader Ⅺ
Office: Office Standard 2013
使用するPCの仕様にご留意の上、発表用プレゼンファイルを作成してください。
当日その場でのMacの接続はできる限りご遠慮願います。

■ポスター発表
「ポスター発表用のポスタースタンドは、幅90 cm、長さ210 cmです(※2016年3月5日訂正)。推奨されるポスターサイズは、幅90 cm以内、長さ135 cm程度です。午前の口頭発表終了後に奇数番の、午後の口頭発表終了後に偶数番のポスターの方は、口頭発表会場において1分間のポスター紹介をしていただきます。その後、30分間を責任時間として(午前は奇数番、午後は偶数番)、質問者への対応をして頂きます。
ポスターセッションは午前午後それぞれ60分間です。ポスター紹介の1分間は時間厳守とし、発表の途中であっても時間になり次第、終了とします。ご注意ください。ポスター紹介は口頭発表と同様、マイクロソフト社のPower Pointによるスライドを液晶プロジェクターでスクリーンに投影します。時間の都合上、発表用のコンピューターは事務局で用意するWindowsを使用します。

注:口頭発表用スライドおよびポスター発表用スライドは,
あらかじめ大会事務局(新宮:singuu-yuuko(a)hro.or.jp (a)->@)に送付してください。
いずれも3月16日の締め切りです。

日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2016年度春季研究発表会の開催と演題募集について(予告)


 標記研究発表会ならびに総会を下記日程と要領で開催いたします。皆さま、ふるってご参加ください。本年も日本畜産学会第121回大会(2016年3月27日~30日)の関連学会として、開催いたします。口頭発表とポスター発表があります。発表を希望される方はご注意ください。




開催日時
研究発表会:2016年3月30日(水) 9:00~12:20、13:25~16:40
*ただし、演題数によりスケジュールが若干、変更になる場合があります。事前に、学会Webページでご確認ください。


 総会 :同日 12:25~13:25(予定)
 懇親会:2016年3月29日(火)(18:00頃)に行う予定です。会場、時間、会費等は後日連絡致します。




開催場所
 日本獣医生命科学大学・第一校舎(東京都武蔵野市境南町1丁目7-1)
 口頭発表・総会会場 B棟5階511講義、ポスター発表会場 B棟3階314講義室


春季研究発表会申し込み要領
1)発表申し込み
発表希望の方は、担当者宛てに、2016年2月5日(金)(必着)までに、講演要旨をメールにて送信してください。講演要旨の送信をもって、発表申し込みとします。なお、発表申し込みの際には、発表方法(口頭発表、ポスター発表)および所属する学会名(日本家畜管理学会、応用動物行動学会)を明示してください。


発表申込み先 事務局:八代田 真人(yayo(a)gifu-u.ac.jp) (a)を@に変更してください.




2)講演要旨の作成
 要旨原稿は、A4サイズ1枚とし、講演要旨作成要項に従って、Word(保存形式は2010以前のもの)で作成の上、添付ファイルで送信してください。講演要旨は白黒印刷されますので、写真や図を掲載される際にはご注意ください。
 なお、講演要旨作成要領は、日本家畜管理学会Webページ http://www.jslm-org.com/ 、応用動物行動学会Webページ http://www.jsaab.org/ からもダウンロードできます。

【ご注意下さい】応用動物行動学会及び日本家畜管理学会(以下、本会とする)は、特許法の規定による「特許庁長官が指定する学術団体」の指定を受けておりません。したがって、特許出願前に、本会が主催する研究発表によって、日本国内において公然と知られた発明の場合には、特許を受けることができません。特許申請をお考えの発表者におかれましては、十分、お気をつけくださいますようお願い申し上げます。



3)発表方法
 講演順と講演時間については、プログラムが確定後、発表者にお知らせするとともに、両学会のWebページに公開します。


 口頭発表(発表時間10分、質疑5分を予定)では、マイクロソフト社のPower Pointで発表スライドを作成し、液晶プロジェクターでスクリーンにスライドを投影します。発表用のコンピューター(Windows)は事務局で用意しますが、Macintoshのコンピューターを使用される場合は、発表者ご自身でコンピューターとRBGケーブルコネクターをご準備ください。OHPシートを用いた発表は出来ませんので、ご注意ください。
 口頭発表の演題数は、最大14題を予定していますが、希望者が多い場合は、事務局で選考し、希望を叶えられなかった発表者には直ちに事務局より連絡し、発表方法の変更をお願いする場合があります。事前に、ご了承ください。


 ポスター発表では、ポスタースタンド(幅100cm、長さ200cmを予定していますが、変更する場合があります。Webページにて最終確認をして下さい。)に発表ポスターを掲示して頂きます。推奨されるポスターサイズは、幅90cm以内、長さ135cm程度です。午前の口頭発表終了後に奇数番の、午後の口頭発表終了後に偶数番のポスターの方は、口頭発表会場において1分間のポスター紹介をしていただきます。その後、30分間を責任時間として(午前は奇数番、午後は偶数番)、質問者への対応をして頂きます。ポスターセッションは午前午後それぞれ50分間の予定です。ポスター紹介の1分間は時間厳守とし、発表の途中であっても時間になり次第、終了とします。ご注意ください。
 ポスター紹介は口頭発表と同様、マイクロソフト社のPower Pointによるスライドを液晶プロジェクターでスクリーンに投影します。時間の都合上、発表用のコンピューターは事務局で用意するWindowsになります。


口頭発表用スライドおよびポスター紹介用スライドはあらかじめ大会事務局に送付していただきます。いずれも3月16日の締め切りを予定しています。


スライド送付先 大会幹事:新宮 裕子(singuu-yuuko@hro.or.jp)(a)を@に変更してください.


4)優秀発表表彰
 学生(大学院生含む)を対象とした優秀発表表彰を行います。優秀発表表彰は、ポスター発表に限定しますので、優秀発表表彰を希望される方は、申し込みの際、発表方法をポスター発表として、申し込んでください。学生であっても、口頭発表された方は優秀発表表彰の対象とはしませんので、ご注意ください。受賞者の発表は後日、学会のホームページ、ニュースレターで発表を行います。


5)シンポジウム(参加費無料)
 応用動物行動学会・日本家畜管理学会 共催シンポジウム
タイトル:「動物の『管理』とは何か?」を考えるワークショップ
趣旨:野生鳥獣、展示動物、伴侶動物、産業動物、実験動物を研究対象とし、第一線でご活躍されている若手研究者に、「自身の考える動物の『管理』とは何か」についてご講演いただき、動物の管理の今後の方向性についてディスカッションを行います。
本シンポジウムは学会会員以外の方もご参加いただけます。


開催日時:3月27日 15時00分から17時00分
※ 同日開催予定行事 ISAE2015報告会
開催場所:日本獣医生命科学大学 第一校舎 B棟5階511講義室


6)問い合せ
 お問い合わせは、大会幹事および事務局(上記のメールアドレス)へお願い致します。







以下の大会は終了しました.

2015年度春季研究発表会について

日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2015年度春季研究発表会の

開催と演題募集について



 標記研究発表会ならびに総会を下記日程と要領で開催いたします。皆さま、ふるってご参加ください。本年も日本畜産学会第119回大会(2015年3月27日~30日)の関連学会として、開催いたします。
 口頭発表とポスター発表があります。発表を希望される方はご注意ください。


開催日時
研究発表会:2015年3月30日(月) 9:00~12:30、13:30~16:30
*ただし、演題数によりスケジュールが若干、変更になる場合があります。事前に、学会Webページでご確認ください。
総会:同日 12:30~13:30
 懇親会 2015年3月29日(日)(18:30頃)に行う予定です。会場、時間、会費等は後日連絡致します。


開催場所
宇都宮大学峰キャンパス(栃木県宇都宮市峰町350)(会場は未定・後日連絡)




大会プログラムが完成しました(PDF)
※2015年2月19日に掲載したプログラムの「シンポジウム開催曜日」が間違っていました.
誤 3月27日(月)→ 正 3月27日(金)




春季研究発表会申し込み要領

1)発表申し込み

発表希望の方は、発表を希望する学会の担当者宛てに、2015年2月6日(金)(必着)までに、講演要旨をメールにて送信してください。講演要旨の送信をもって、発表申し込みとします。
 なお、発表申し込みの際には、発表方法(口頭発表、ポスター発表)を明示してください。


日本家畜管理学会
事務局:河合 正人 (kawaim(a)obihiro.ac.jp) (a)を@に変更してください
応用動物行動学会
大会幹事:矢用 健一 (ken318(a)affrc.go.jp)(a)を@に変更してください

2)講演要旨の作成

 要旨原稿は、A4サイズ1枚とし、講演要旨作成要領に従って、Word(保存形式は2010以前のもの)で作成の上、添付ファイルで送信してください。講演要旨は白黒印刷されますので、写真や図を掲載される際にはご注意ください。
 なお、講演要旨作成要領は、日本家畜管理学会Webページ http://www.jslm-org.com/ 、応用動物行動学会Webページ http://www.jsaab.org/ からもダウンロードできます。


【ご注意下さい】応用動物行動学会及び日本家畜管理学会(以下、本会とする)は、特許法の規
定による「特許庁長官が指定する学術団体」の指定を受けておりません。したがって、特許出願前に、本会が主催する研究発表によって、日本国内において公然と知られた発明の場合には、特許を受けることができません。特許申請をお考えの発表者におかれましては、十分、お気をつけくださいますようお願い申し上げます。

3)発表方法

 講演順と講演時間については、プログラムが確定後、発表者にお知らせするとともに、両学会のWebページに公開します。


 口頭発表(発表時間12分、質疑3分を予定)では、マイクロソフト社のPower Pointで発表スライドを作成し、液晶プロジェクターでスクリーンにスライドを投影します。発表用のコンピューター(Windows)は事務局で用意しますが、Macintoshのコンピューターを使用される場合は、発表者ご自身でコンピューターとRBGケーブルコネクターをご準備ください。OHPシートを用いた発表は出来ませんので、ご注意ください。


口頭発表の演題数は、おおむね12題~15題前後を予定していますが、希望者が多い場合は、事務局で選考し、希望を叶えられなかった発表者には直ちに事務局より連絡し、発表方法の変更をお願いする場合があります。事前に、ご了承ください。


 ポスター発表では、幅90cm、長さ160cmのポスタースタンドに発表ポスターを掲示して頂きます。推奨されるポスターサイズは、幅90cm以内、長さ135cm程度です。午前の口頭発表終了後に奇数番の、午後の口頭発表終了後に偶数番のポスターの方は、口頭発表会場において1分間のポスター紹介をしていただきます。その後、30分間を責任時間として(午前は奇数番、午後は偶数番)、質問者への対応をして頂きます。ポスターセッションは午前午後それぞれ50分間の予定です。ポスター紹介の1分間は時間厳守とし、発表の途中であっても時間になり次第、終了とします。ご注意ください。
 ポスター紹介は口頭発表と同様、マイクロソフト社のPower Pointによるスライドを液晶プロジェクターでスクリーンに投影します。時間の都合上、発表用のコンピューターは事務局で用意するWindowsになります。スライドはあらかじめ大会事務局に送付していただきます。ポスター発表が決定された方には別途、締め切り等を含めご連絡します。3月20日あたりの締め切りを予定しています。

4)優秀発表表彰

 学生(大学院生含む)を対象とした優秀発表表彰を行います。優秀発表表彰は、ポスター発表に限定しますので、優秀発表表彰を希望される方は、申し込みの際、発表方法をポスター発表として、申し込んでください。学生であっても、口頭発表された方は優秀発表表彰の対象とはしませんので、ご注意ください。受賞者の発表は翌日のシンポジウム前に行います。学会ホームページ、ニュースレターでも発表を行います。

5)シンポジウム(参加費無料)

 日本畜産学会若手企画委員会・応用動物行動学会・日本家畜管理学会 共催シンポジウム
タイトル:「野生鳥獣の行動を科学する」
趣旨:野生鳥獣を研究対象とし、第一線でご活躍されている研究者に、対象動物の行動を中心としたご研究についてご講演いただきます。また、若手研究者へのメッセージとして、現在の研究テーマを選んだきっかけやテーマ選びの重要性についてもお話いただきます。
本シンポジウムは畜産学会会員以外の方もご参加いただけます。


開催日時:3月27日 14時30分から16時30分
※ 同日開催予定行事 理事会・関連委員会
開催場所:宇都宮大学 峰キャンパス 農学部1号館3101教室
演者:江口先生(イノシシ)、杉田先生(カラス)
※ 質疑応答含め1人40分。総合討論40分。

6)ポスター会場を有効に使うため、2015年に札幌で開催される国際応用動物行動学会の告知ポスター、学会主催の動物写真コンテスト優秀賞の展示などを企画しています。大学や研究室の紹介ポスターも受け付けますので担当者までご連絡下さい。


7)問い合せ

 お問い合わせは、各学会の担当者(上記のメールアドレス)へお願い致します。





2014年度春季研究発表会について

・標記研究発表会ならびに総会を下記日程と要領で開催いたします。皆さま、ふるってご参加ください。
・本年も日本畜産学会第118回大会(2014年3月27日~29日)の関連学会として、開催いたします。
・前年度より、口頭発表の他にポスター発表を取り入れています。発表を希望される方はご注意ください。

当学会では,毎年度末に総会と研究発表会を開催しています。大会発表者は会員に限ります。発表前に入会手続きを取られるようお願いします。※大会費は会費に含まれています。



大会プログラムが完成しました(PDF)

開催日時

  • 研究発表会:2014年3月25日(火) 9:00~12:30、13:30~16:30



 スケジュール

  • 09:00-10:40口頭発表
  • 10:45-11:35 ポスター予告発表(奇数番 1人1分厳守 20名程度)
  • 11:40-12:30 ポスターセッション(11:40-12:10は奇数番の責任時間)
  • 12:30-13:30 総会・昼食
  • 13:30-15:10 口頭発表
  • 15:15-15:35ポスター予告発表(偶数番 1人1分厳守 20名程度)
  • 15:40-16:30ポスターセッション(15:40-16:10は偶数番の責任時間)
  • 17:30-懇親会(会場、時間、会費等は後日連絡致します。)
    • *ただし、演題数によりスケジュールが若干、変更になる場合があります。
    • 事前に、学会Webページでご確認ください。

開催場所

  • 文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市竹園2丁目20-5) 国際会議場と2階ロビー

発表方法

口頭発表

  • 発表時間:発表12分、質疑3分を予定
  • 発表用ファイル:マイクロソフト社のPower Pointで発表スライドを作成し、液晶プロジェクターでスクリーンにスライドを投影します。USBメモリーでファイルを持参して下さい。発表用のコンピューター(Windows)は事務局で用意しますが、Macintoshのコンピューターを使用される場合は、発表者ご自身でコンピューターとRBGケーブルコネクターをご準備ください(パソコンの切り替えに費やした時間も発表時間に含まれますのでご注意ください)。OHPシートを用いた発表は出来ません。

2014.03.03 追記

  •  プレゼンテーションファイルを以下の要領で作成し、3/17までに矢用まで送付していただけると助かります。例年、大会当日にプレゼンテーションファイルをご持参いただき、事務局が準備したPCにインストールしていただいていますが、混乱が生じ、会の進 行の妨げになる恐れがあります。可能であれば、予め事務局にお送りいただけると、非常に助かります。
    •  ・内容:口頭発表
    •  ・時間:12分間
    •  ・ファイル:マイクロソフト社のPower Point2010(Windows7)で読み込めるもの。
      • (Macintoshのコンピューターを使用される場合は、当日発表者ご自身でコンピューター とRBGケーブルコネクターをご準備ください。パソコンの切り替えに費やした時間も発表時間に含まれますのでご注意ください。)
    •  ・宛先:矢用(ken318(a)affrc.go.jp)までメールでお送りく ださい。

ポスター発表

  • ポスター掲示時間:8:30より準備可能ですので、早めにポスターを掲示して下さい
  • サイズ:幅90cm、長さ180cmのポスタースタンドに発表ポスターを掲示して頂きます。推奨されるポスターサイズは、幅90cm以内、長さ135cm程度です。A4サイズやA3サイズなどの印刷物を複数毎合わせて掲示することはできません。必ず1枚モノのポスターとしてご準備下さい。※事前にセロテープ等で1枚にしてあれば掲示可能です。
  • 発表内容予告のためのプレゼンテーションタイム:午前の口頭発表終了後に奇数番の、午後の口頭発表終了後に偶数番のポスターの方は、口頭発表会場において1分間のポスター紹介をしていただきます。その後、30分間を責任時間として(午前は奇数番、午後は偶数番)、質問者への対応をして頂きます。ポスターセッションは午前午後それぞれ50分間の予定です。ポスター紹介の1分間は時間厳守とし、発表の途中であっても時間になり次第、終了とします。ご注意ください。ポスター紹介は口頭発表と同様、マイクロソフト社のPower Pointによるスライドを液晶プロジェクターでスクリーンに投影します。時間の都合上、発表用のコンピューターは事務局で用意するWindowsになります。スライドはあらかじめ大会事務局に送付していただきます。ポスター発表が決定された方には別途、締め切り等を含めご連絡します。

2014.03.03 追記

  • 発表内容予告のためのプレゼンテーションファイルを以下の要領で作成し、3/17までに矢用まで送付して下さい。
    • ・内容:ポスターの紹介
    • ・時間:1分間厳守です。発表の途中であっても時間になり次第、終了とします。
    • ・ファイル:マイクロソフト社のPower Point2010(Windows7)で読み込めるも の。
    •  発表時間は1分間なので,1-2枚程度が理想的です。例)1枚目は演題名、2枚目はポス ターの概要
    • ・宛先:矢用(ken318(a)affrc.go.jp)までメールでお送りく ださい。

懇親会

2014.03.03 追記

  • 懇親会の申し込み
    • 詳細は未定ですが、以下の要領で家畜管理学会と合同の懇親会を開く予定です。
    • 参加ご希望の方は、3/11までにお申し込みください。
    • ・日時 平成26年3月25日(火) 18:00〜
    • ・場所 つくば駅から徒歩10分圏内  (具体的な会場は、後日、お伝えします。)
    • ・会費 一般5000円前後 学生2000円前後
    • ・申込 矢用(ken318(a)affrc.go.jp)までメールでお知らせ ください。
      • (可能な限り、所属機関・部局ごとで申し込んで頂けると助かります)




春季研究発表会申し込み要領

1)発表の申し込み

  • 発表希望の方は、発表を希望する学会の担当者宛てに、2014年2月7日(金)(必着)までに、講演要旨をメールにて送信してください。講演要旨の送信をもって、発表申し込みとします。なお、発表申し込みの際には、発表方法(口頭発表、ポスター発表)を明示してください。
  • 大会幹事:矢用 健一 (ken318(a)affrc.go.jp) (a)を@に変更してください.



2)講演要旨の作成

  • 要旨原稿は、A4サイズ1枚とし、講演要旨作成要領に従って、Word(保存形式は2010以前のもの)で作成の上、添付ファイルで送信してください。講演要旨は白黒印刷されますので、写真や図を掲載される際にはご注意ください。

【ご注意下さい】応用動物行動学会及び日本家畜管理学会(以下、本会とする)は、特許法の規定による「特許庁長官が指定する学術団体」の指定を受けておりません。したがって、特許出願前に、本会が主催する研究発表によって、日本国内において公然と知られた発明の場合には、特許を受けることができません。特許申請をお考えの発表者におかれましては、十分、お気をつけくださいますようお願い申し上げます。



3)講演の詳細

  • 講演順と講演時間については、プログラムが確定後、発表者にお知らせするとともに、学会のWebページに公開します。



4)優秀発表表彰

  • 学生(大学院生含む)を対象とした優秀発表表彰を行います。優秀発表表彰は、ポスター発表に限定しますので、優秀発表表彰を希望される方は、申し込みの際、発表方法をポスター発表として、申し込んでください。学生であっても、口頭発表された方は優秀発表表彰の対象とはしませんので、ご注意ください。受賞者の発表は翌日のシンポジウム前に行います。学会ホームページでも後日発表いたします.



5)告知ポスターの募集

  • ポスター会場を有効に使うため、2015年に札幌で開催される国際応用動物行動学会の告知ポスター、学会主催の動物写真コンテスト優秀賞の展示などを企画しています。大学や研究室の紹介ポスターも受け付けますので担当者までご連絡下さい。

2013年度春季研究発表会について

 標記研究発表会ならびに総会を下記日程と要領で開催いたします。皆さま、ふるってご参加ください。本年も日本畜産学会第116回大会(2013年3月27日~30日)の関連学会として、開催いたします。


 また、本年は新たな試みとして、口頭発表の他にポスター発表を取り入れました。発表方法が例年とは異なりますので、発表を希望される方はご注意ください。


大会プログラムが完成しました(PDFダウンロード)


シンポジウムはこちらへ

開催日時

2013年3月29日(金)  8:45~17:00 


スケジュール
 口頭発表:8:45~11:45
 総会:12:00〜13:00
 ポスター発表:13:15~15:15
 シンポジウム:15:30〜17:00
 懇親会:18:30〜 広島駅近く(予定)

開催場所

安田女子大学(広島県広島市安佐南区安東6-13-1) 7号館7102室と1階ロビー

発表方法

○口頭発表
・発表時間:発表12分+質疑3分=計15分
・発表用ファイル:事務局で用意する発表用のPC(Windows)を用いますので、
 PowerPointで発表用スライドを作成し、USBメモリーでファイルを持参して下さい。
 Macを使用される場合は、発表者ご自身でコンピュータとRBGケーブルコネクターをご準備下さい。
 (パソコンの切り替えに費やした時間も発表時間に含まれますのでご注意ください)
 OHPシートを用いた発表はできません。


○ポスター発表
・ポスター掲示時間:当日の昼休み終了までにポスターを掲示して下さい。
・サイズは:幅90cm長さ135cmに収まるようにお願いします。
  A4サイズやA3サイズなどの印刷物を複数毎合わせて掲示する
  ことはできませんので、必ず1枚モノのポスターとしてご準備下さい。
  ※事前にセロテープ等で1枚にしてあれば掲示可能です.
・セッション開始前の注意
 ポスター発表では、座長がついて各自1分間の口頭による概要説明があります。
 非常に短い時間での概要説明となりますので、事前に200字程度の説明を
 ご準備いただくことをお勧めします(説明途中であっても、座長の指示により
 1分間で強制的に終了し、次のポスターに移動します)。

春季研究発表会申し込み要領 ※受付は終了しました

1)発表の申し込み

発表希望の方は、担当者宛てに、2013年2月15日(金)(必着)までに、講演要旨をメールにて送信してください。講演要旨の送信をもって、発表申し込みとします。
なお、発表申し込みの際には、発表方法(口頭発表、ポスター発表)を明示してください。


大会幹事:竹田 謙一 ktakeda(a)shinshu-u.ac.jp (a)を@に変えてください.

2)講演要旨の作成

 要旨原稿は、A4サイズ1枚とし、講演要旨作成要領に従って、Word(保存形式は2007以前のもの)で作成の上、添付ファイルで送信してください。

3)発表方法

 講演順と講演時間については、プログラムが確定後、発表者にお知らせするとともに、学会のWebページに公開します。

4)優秀発表表彰

 本年も、学生(大学院生含む)を対象とした優秀発表表彰を行います。優秀発表表彰は、ポスター発表に限定しますので、優秀発表表彰を希望される方は、申し込みの際、発表方法をポスター発表として、申し込んでください。学生であっても、口頭発表された方は優秀発表表彰の対象とはしませんので、ご注意ください。

過去の大会

2012年度春季研究発表会
 日時:2012年3月30日(金) 8:30~18:00
 場所:名古屋大学東山キャンパス
 共催:日本家畜管理学会

2011年度春季研究発表会
 東日本大震災の発生により,大会は中止になりましたが,要旨掲載の会誌が公表されたことをもって,
発表完了の扱いとすることとしました
 共催:日本家畜管理学会

2010年度春季研究発表会
 日時:2009年3月30日(火) 8:30~18:00
 場所:明治大学駿河台キャンパス
 共催:日本家畜管理学会

2009年度春季研究発表会
 日時:2009年3月28日(土) 9:00~18:00
 場所:日本大学生物資源科学部湘南キャンパス
 共催:日本家畜管理学会

2008年度春季研究発表会
 日時:2008年3月28日(金) 9:00~18:00
 場所:常磐大学 R棟 002ミニシアター
 共催:日本家畜管理学会

2007年度春季研究発表会
 日時 : 2007年3月28日(月) 8:45~18:00
 場所 : 麻布大学 8号館 (神奈川県相模原市淵野辺1-17-71)
 共催 : 日本家畜管理学会

2006年度春季研究発表会
 日時 : 2006年3月30日 9:00~
 場所 : 九州大学六本松キャンパス(〒810-8560福岡市中央区六本松4丁目2の1)
 共催 : 日本家畜管理学会

2005年度春季研究発表会
 日時 : 2005年3月28日 9:30~
 場所 : 東京大学農学部(〒113-8657東京都文京区弥生1-1-1)
 共催 : 日本家畜管理学会

2004年度春季研究発表会
 日時 : 2004年3月27日~28日
 場所 : 東京農工大学府中キャンパス(〒183-8509東京都府中市幸町3-5-8)
 共催 : 日本家畜管理学会